引越しをして、寮での一人暮らし

初めての一人暮らしは寮生活でした。寮といっても2DKのアパートに先輩と2人暮らし。引越しの荷物は、布団一式と衣装ケースのみといった具合で少なかったです。あとは近所の商店街で、小さな冷蔵庫と食器棚、炊飯器、ポット、鍋とフライパン等々最低限必要な物を購入して生活する事になりました。

先輩は彼氏がいたので、結構外泊も多く、寮といってもあまり気兼ねなく楽しく生活する事が出来ました。何時に帰ろうが、何時に起きようが、誰にも干渉される事は無い生活、大変な事も多いけど、自由を手に入れたぞーと解放感のあまり叫びたくなりました。

週末は、目覚ましを止め目が覚めたら起きます。そして朝からお風呂に入ります。すごく優雅な気分になります。バラの香りがする入浴剤を入れてぬるめのお湯にゆっくりつかります。ホテル仕様のバスタオルで体を拭いて、手作りのカフェオレとクロワッサンで遅めの朝食を取ります。

お気に入りのBGMをかけながら。ゆっくり時間をかけて食べます。それからショッピングに出かけます。あてもなく電車に乗り、ここで降りてみよっかの勢いです。途中で何度も何度もお茶をしながらプラプラします。

気づくと外は薄暗くなって、大好きなハンバーガーとポテトとコーラを買って、レンタルビデオ屋で映画を借りて寮に帰ります。 部屋を真っ暗にして、ヘッドホンで音を高めにして映画館に居る気分でポテトとハンバーガーをつまみながら映画を夜中まで観ます。 そんな優雅な週末を送っていました。今は結婚して自分の時間がなかなか取れないけど、老後はこの生活を復活させたいです。